2011年9月22日木曜日

TPAM in Yokohama 2012 開催概要(2011年9月22日現在)

TPAMは1995年に「芸術見本市(Tokyo Performing Arts Market)」として開始。「見本市=Market」の名の通り、舞台芸術作品の流通促進を目的としていましたが、2005年に「東京芸術見本市(英語名称同じ)」と改称し、同時代的舞台芸術に携わるプロフェッショナルのネットワーク構築により重点を置くようになりました。2011年に会場を横浜に移し「国際舞台芸術ミーティング in 横浜(Performing Arts Meeting in Yokohama)」と改称。略称「TPAM」は保持しつつ、「M」を「Market」から改め「Meeting」としました。そして横浜の創造拠点を活用し、質の高いコンテンポラリー・パフォーミング・アーツのショーケース、プレゼンテーション、ミーティングを通した横浜発のプラットフォームとして再始動。本年度も開催が決定しました。

また、本年度は、アーティスト・イン・レジデンス(AIR)のプログラムを実践している団体を国内外から招き、優れた事例の紹介、AIRの普及、ネットワーク構築を目的として「舞台芸術AIRミーティング」を併催します。横浜と京都での開催を予定しています。

今後、プログラム、参加方法、スケジュールなどについて、ウェブサイトなどでお知らせしていきます。

開催概要

TPAM in Yokohama 2012(国際舞台芸術ミーティング in 横浜 2012)

会期:2012年2月13日(月)~19日(日)
会場:ヨコハマ創造都市センター(YCC)、BankART Studio NYK、横浜赤レンガ倉庫1号館、KAAT神奈川芸術劇場ほか
主催:国際舞台芸術ミーティング in 横浜 2012 実行委員会(構成団体:国際交流基金、公益財団法人神奈川芸術文化財団、公益財団法人横浜市芸術文化振興財団、国際舞台芸術交流センター/事務局:国際舞台芸術交流センター)
助成:スペイン文化省グラシアン基金

舞台芸術AIRミーティング@TPAM(平成23年度文化庁文化芸術の海外発信拠点形成事業)

会期:2012年2月13日(月)〜16日(木)[2月21日(火)〜22日(水)京都]
会場:ヨコハマ創造都市センター(YCC)、京都芸術センター
主催:国際舞台芸術交流センター
共催:公益財団法人横浜市芸術文化振興財団、京都芸術センター